年末です!


お疲れ様でございます、おじょです。
今年もあと2日で終わりますね~、、、

振り返りますと、今の仕事を志してからの念願だった単行本を刊行出来たことが
今年一番のトピックスでございます。
その他にもTVに出させてもらったり、中坊の時に大好きだった作家先生のお手伝いが出来たこと、
いろいろと貴重で身に余る経験をさせてもらった気がします。

今の業界に飛び込んだ年齢的なタイミングはちょっと遅かったんだと思うけど、
20代は今よりバカだったんで、いろいろ耐えられなかったと思うし、
「もっと早くにデビューしておけば!」とか言うものの、
実際は取り返しの付かない感じに破綻してただろうなと思う。

やり始めて疑問に思うことばかりで、まだ回答が出るまでには時間がかかりそうだから
不安で仕方ないし、満足ってか手に入れた感が低いけど、その時間はもっと色々頑張れば短縮されていくと思う。
調査と検証的な!

「作家」って看板を背負うにはまだ引け目があるのは、たぶんそのへんにかける時間が足りないからだと思うし、
だからこそ中途半端なんだろうなって思う。

外装だけ凝った作品では読んだひとは絶対満足しない!
だから今年ってか来年は味わいある作品を作っていけるよう準備したいと思います。

いつも皆さんのことを考えてます。
何が好きか、どんなものが食べたいか
翌日のお弁当を作るお母さんのような気持ちでいたいと思う。

絵や漫画って体験してもらってはじめて完成するものだと思うけど、
その反応に対してまだ怯えがあります。
批判がイヤとかじゃなくて、結果が得られやすい、想定した反応の枠内に
収まってしまっている気がします。

その枠内を飛び出してこその作家性ってことなんでしょうかね、、、よくわからんけど。

アドバイス罪って言葉が流行ってからのことかはわからないけど、
批判的な意見ってすごく集まりづらい。
単純に嫌な役回りだからってことなんだろうけど、、、。

悪意というか僕を傷つけようとするための言葉はなるべく遠慮するけど、
「もっとこういうとこを突っ込んで欲しかった」とか「ココはこうじゃない方がよかった」って意見は
ものすごく貴重ですし、有用性がある。役に立ちます!

匿名で全然結構なので、「jk@ojo3.net」に忌憚のないご意見を頂けたらと思います。
ニーズが分かったうえでの「アドバイス罪」ってことだと思うんで、
僕みたいななんも分かってない人間にはもっとそういう意見が必要です。
お気が向かれましたらよろしくおねがいします。

ダラダラと言葉遣いも不安定に書いてしまって申し訳ないですけど、、、
今週はえらく冷え込んでますので、どうか風邪など召さぬよう新しい年をお迎えくださいませ!

良いお年を。

おじょ